豪ドルでスワップポイント稼ぎ!FXは長期保有も大切

FXで利益を得る方法として、一番先に挙げられるのが為替レートの変動による為替差益でしょう。
株と同じく、その商品の値上がり、値下がりと自分のポジションとの値幅で利ざやをとる手法のことを指します。

そしてもう一つが スワップポイントを利用した方法です。
今回はこのスワップポイントに焦点を当てて見ていくことにしましょう。

■スワップポイントとは?

簡単に言ってしまえばFXでポジションをとることにより生まれる「金利」のようなものと考えてよいでしょう。
8img_1

各国の政策金利には違いがあり、先進国は新興国に比べ金利が低い傾向があります。
リーマンショック以降先進国で進んだ金融緩和は大規模な金利の低下を引き起こし、日本、ヨーロッパにおいてはその影響により「マイナス金利」という概念も出始めました。

それに比べて金利が高いのが豪ドル、NZドル、南アフリカランド等といった新興国通貨ですね。

金利が低い国の通貨と、金利が高い国の通貨のペアを持っていることによって生まれるのがスワップポイント。
金利差によって発生する金利、と考えてよいでしょう。金利の高い通貨を買うことで、通貨間における金利差を受け取ることが可能になるのです。

(逆ポジションをとった際はスワップポイントを支払う、つまり逆に金利差分がマイナスされることに注意)

■スワップポイントの特徴は?

スワップポイントの最大の特徴は「毎日貰えること」でしょう。
同じ外国通貨を対象とした外貨預金の場合、金利を受け取れるのは満期時であるのに加え、そこから更に手数料が引かれるというケースもあります。

この点を比較するとFXの方が外国通貨の運用という面では勝っているかもしれませんね。

■スワップポイントを狙う場合に注意すべきこととは

「ポジションを持っているだけで毎日利益を手に入れるなんてすごい」ということを思われた方もいるかもしれません。
が、当然そういった投資方法にもリスクやデメリットは存在します。

というのも、スワップポイント狙いの投資では新興国通貨を一片に持った通貨ペアを所持する必要があるため。

新興国通貨は先進国に比べ経済が安定しなかったり、取引量が他通貨に比べて少ないため流動性が悪かったりという側面を持ち、ややリスクのあるものなのです。

スワップポイントで毎日金利を貰えたとしても、その量はとったポジションの金額に対しては微々たるものであり、そのポジション自体で評価損を被ってしまえば意味がありません。
単純にスワップポイントを狙った投資は簡単そうに見えますが、その通貨のこれからのトレンドを考える必要があるのは普通のトレードと同じです。

新興国通貨の長期保有のメリットと注意点

タイトルにあるように、FXにおいては長期保有も立派な投資法のひとつであると言うことが出来ます。
長期保有をすることによるメリットは、「為替レートの変動を気にする必要がない」ということでしょう。

ポジションを持つ以上、当然為替差益を気にしロスカットポイントを設けておく必要はありますが、日々の値動きに注意を払う必要がないのは心理的にも大きな利点です。株にもFXにも色々な投資手法がありますが、長期投資のメリットはそこにあるでしょうね。

8img_2

また、長期保有をする上でもニュースやその通貨の特徴などについてはチェックしておきたいところ。
たとえば新興国通貨のひとつである豪ドルにでは、資源価格の影響を受けやすいという特徴があります。

これを意識していれば、ニュースや新聞で資源のことについてアンテナを張るようになるのははないでしょうか?
楽して儲ける、という方法はそう簡単には存在せず、継続的に利益を出していきたいならそれなりの努力は必要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です